(株)JVCケンウッド

主市場業種証券コード/EDINET英名称発行済み株式数単元
東証1部電気機器6632/E21320-139,000,201株100株

配当性向

2012/03(連)
11.5%
2013/03(連)
60.5%
2014/03(連)
23.1%
2015/03(連)
14.5%
2016/03(連)
20.4%
-
-
2018/03(連)
49.6%

純資産配当率

2012/03(連)
1.3%
2013/03(連)
1.1%
-
-
2015/03(連)
1.1%
2016/03(連)
1.1%
2017/03(連)
1.3%
-
-

配当金総額(合計)

2012/03(連)
6億9300万円
2013/03(連)
6億9300万円
-
-
2015/03(個)
6億9300万円
2016/03(個)
6億9400万円
2017/03(個)
6億9400万円
-
-

配当状況(円/株)

年度提出日第1四半期末第2四半期末第3四半期末期末合計注記
2011年
03月期
2011/08/01000
2012年
03月期
2011/08/01000
2011/10/28000
2012/04/24055#1
2012/04/27055#2
2013/02/25055
2013年
03月期
2012/08/0110
2012/11/0101010#3
2013/02/01055#4
2013/04/26055
2014年
03月期
2013/07/31055
2013/11/06000
2014/04/30000
2015年
03月期
2014/07/31000
2014/10/31000
2015/02/06000
2015/04/21055
2015/04/28055
2016年
03月期
2015/07/31055
2015/10/30055
2016/04/28055#5
2017/01/31055
2017年
03月期
2016/10/310
2017/01/31055
2017/04/27055#6
2018年
03月期
2017/04/27055

※色付きの項目は配当実績を示します。

#1:配当予想修正の理由(2012-04-24 00:00:00)
当社は、安定的に利益還元を行うことが経営上の最重要課題の一つと考え、収益力および財務状況を総合的に考慮して剰余金の配当およびその他処分などを決定することを利益配分の基本方針としております。平成26年3月期を最終年度とする中期経営計画では、できるだけ早い段階で配当を開始することを目標に掲げ、その初年度にあたる平成24年3月期の配当については、第3四半期以降の個別損益や個別財務状況などを見極めて通期決算発表までに判断させていただくこととしておりました。平成24年3月期の通期個別業績は本年4月27日に発表予定の「平成24年3月期決算短信〔日本基準〕(連結)」にてお知らせする予定ですが、本年2月1日付で発表しました「子会社の吸収合併に伴う特別損失(抱合せ株式消滅差損)の発生に関するお知らせ(個別)」にてお知らせしました約28億円の特別損失などを吸収し、個別の当期純利益は黒字となる見込みです。このため、個別財務諸表における期末の利益剰余金は平成20年10月の当社グループ発足以降で初めて黒字転換し、配当に必要な原資を確保できる見込みとなりました。また、次期の安定的な利益還元にも一定の目処がついたことから、期末配当予想を1株当たり5円に変更いたします。なお、当社における配当の実施は、当社グループ発足以降で初めてとなります。
#2:配当の状況に関する注記(2012-04-27 00:00:00)
(注)平成25年3月期の配当予想は、現時点で年間配当予想額のみを決定しており、第2四半期末、期末、その他の配当予想額は未定です。
#3:配当予想修正の理由(2012-11-01 00:00:00)
当社では、安定的に利益還元を行うことが経営上の最重要課題の一つと考え、収益力および財務状況を総合的に考慮して剰余金の配当およびその他処分などを決定することとしております。平成25年3月期配当予想につきましては、四半期別の配当予想額を未定といたしましたが、年間配当予想額は1株当たり10円としておりました。本日別途発表しました「平成25年3月期第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)」に記載のとおり、当第2四半期連結累計期間の連結損益は期初の想定を上回り、通期の連結損益についても期初予想どおりの水準が見込めることから、年間配当予想額は1株当たり10円を据え置くことといたします。四半期別の配当予想額については、第1四半期にタイ洪水の影響による一時的なコスト増加が発生したことなどにより、第2四半期末の配当金を無配とし、期末配当予想額を1株当たり10円とさせていただきます。
#4:配当予想修正の理由(2013-02-01 00:00:00)
当社では、安定的に利益還元を行うことが経営上の最重要課題の一つと考え、収益力および財務状況を総合的に考慮して剰余金の配当およびその他処分などを決定することとしております。平成25年3月期配当予想につきましては、年間配当予想額を1株当たり10円(期末配当金)としておりましたが、前記の連結業績予想の修正をふまえて、年間配当予想額を前期実績と同額の1株当たり5円(期末配当金)に修正させていただきます。(注)本資料に記載されている業績予想などの将来に関する記述は、当社が現時点において入手している情報および合理的であると判断する一定の前提に基づいており、実際の業績などは様々な要因により大きく異なる可能性があります。
#5:配当の状況に関する注記(2016-04-28 13:00:00)
(注)平成29年3月期の配当予想は、現時点で未定です。
#6:配当の状況に関する注記(2017-04-27 15:15:00)
(注)平成29年3月期の配当原資は、資本剰余金です。詳細は、添付資料「3.連結財務諸表及び主な注記(5)連結財務諸表に関する注記事項、(連結株主資本等変動計算書関係)」をご覧ください。

Page Top