コメントフォーム

なまえ
内容

内容を入力したら確認ボタンを押してください。

注意事項
このフォームから頂いた内容について個別の返信は致しません。
返信が必要なお問い合わせは「当サイトについて」に記載されているメールアドレスからご連絡ください。
頂いた内容は「よくある質問」等で掲載する場合がありますのでご了承ください。

頂いている要望について

Q1-1.増減率の表記(計算式)は正しいか?例えば7731の2015/10/08の増減率は「+0.020%」となっているが、前日の残高数量2,555,877株から60,900増えたのであれば、増減量÷前日残高数量=増減率(60900÷2555877≒0.0238)で約2.4%になるのでは?
A.増減率は報告された残高割合から算出しています(計算式としては「今回報告の残高割合-前回報告の残高割合」、今回の例では「0.65-0.63=0.02%」)。
この場合、ご指摘の値と大きく異なっていますが、これは総株式数に対する残高の増減率になりますので、その空売りした者の保持している残高数量に対する増減率ではないためです。
なお、正確に計算する場合は増減量÷総株式数=増減率となります。
端数まで考慮すると残高割合、増減率共に異なる数値になりますが、基本的には報告された残高割合を以て表記していますのでご理解ください。

Q1-2.8518の2015/10/09は増減量がマイナスなのに、増減率がプラスの数値になっているが、集計ミスか?
A.Q1-1と同じく、前回報告分からの増減になります。
2015年は10/09が初出なので過去分が分かり難いですが、「空売り機関名をクリック」することで増減の状態が分かり易いかと思います。
数量が減っているのに割合が増えているのは、株式統合の影響かと思います。
なお、増減率が大きく増加した形になっているのは、現在の空売り残高の報告義務が発行済株式総数の0.5%以上(2013年11月5日までは0.25%以上)であるためです。
(と思いましたが、報告義務消失後の再出なので、「再IN」の表記になるようにしているはず、なので、バグ修正の必要有りです。時間あるときに見直してみます。。。)
報告義務が0.25%→0.5%に変更(2013/11/5)の部分で再INの表記がされないパターンがあるようですが、改修困難なためそのままにします(要望が多ければ対応考えます)。

Q2.2931の8/12と8/31の空売り増減量がおかしい。差分の計算をやり直す必要があるのでは?
A.ご指摘の通り間違っていましたので、差分計算をやり直しました(+10,000と+15,000になっていました)。
空売り情報の公開が前後した場合(修正等で発生)に生じる可能性がありますので、他にありましたらご指摘お願いします。

Q3-1.空売りの増加データを銘柄別に整理してほしい
Q3-2.空売り増加、返済、解消を銘柄別に一つのリストに載せてほしい
A.証券コード(例:6985)をクリックすることでその銘柄の過去の空売り状況を一覧する形になっています。
イメージしているものが違うようでしたら再度コメントください。

Q4.証券コード:3667の会社名が「M-enish」となっているが「M-」ってなに?とてもくだらないことですが、気になってしまったので。
A.2013年1月27日以前に取得したxbrlファイルに「M-enish」の名称が入っていた、のだと思いますが実ファイル未確認。
2013年4月18日時点で「株式会社enish」になっているデータも得ていたのですが、過去の名称を表示していました(プログラムミスです)^^;
現在は修正済みですので、しばらくしたら「株式会社enish」で表示されると思います。

Q5.後日変更されることがあるか?4571の空売が消えた
A.修正報告が出た場合に変更されます。
ただ、4571に発生している状況が不明ですので何ともいえません。
未だおかしいようでしたら、再度状況を連絡ください。

Q6.検索でスペースを含んで検索すると「メンテナンスorサーバー不具合です」のページが表示されてしまう
A.プログラムミスでした。
2016/03/03 18:00修正しました。

Q7-1.2014年以降提出分の配当状況が表示されなくなっている
Q7-2.決算推移がおかしい。それにともなってPERの値も異常値になっている。
A.プログラムミスでした。
2016/07/17にプログラム改修を実施し、発生していました。
2016/07/26 修正しました。

Q8.逆日歩が不正な銘柄がある
ざっと見たところ9/15辺りから異常な逆日歩になっているように見える。ご確認願いたい。
A.9/15以降の逆日歩情報が全銘柄について異常値になっていました。
2016/09/23にプログラム改修を実施し、修正完了しました。

Q9.7022の空売り情報で2016年の11/30と12/7の個人の空売り増減がおかしい。
11/29までは合っているようだが、確認願いたい。
A.主体が個人の場合、複数の個人が入っているとおかしくなります。
個人は一意に特定できないため、複数が入ってきたらそのうちの一つを表示しています。
11/30は個人が3主体入ってきており、12/7の個人の主体と違うためおかしくなっています。
なお、11/30の表示主体を12/7と同一であろう主体に修正しました(12/10)。
現在では11/30と12/7の関係は一見正しくなっていますが、実際には空売りに入っている個人の主体はもっと多いです。
よい集計方法が思いつく方がおりましたら連絡ください…
(2017/1/4追記)
個人の集計方法を変更しました。複数の個人を合算する形にしています。
備考に記載される項目については「個人の空売り報告について」を参照ください。
集計に不具合があるかもしれませんので、見つけた方は報告いただけると助かります。

Q10.8410(セブン銀行)の2016/12/21のメリルリンチ空売り残高は25,481,621株(2.130%)です。
2016/12/20のメリルの空売り残高は25,509,646株(2.140%)ですので21日分は減っているはずですが +0.020% +302,529株 と逆に増えています。
昨日、21日分が更新された時はマイナス表示だったのですが、昼頃には現在の表示になってしまいました。間違いですか?
A.ご指摘の通り前回分との差分がおかしくなっています(29日0時頃に修正済み)。
21日分更新時は正常で、28日の昼頃にはおかしくなっていたということですので、27日提出分のデータ読込の際にエラーが出たと想定していますが、
再度集計を走らせたところ正常な値で入ってしまいました。
気づいていないバグが存在するのかもしれません…。
他にも同様のおかしい表示がありましたら連絡ください。

Q11.6619(ダブル・スコープ)の2016/12/20のモルガン・スタンレーMUFG空売りが再INになっている。
12/20の1つ前の履歴は12/15でその時点では「ポジション解消」とも「報告義務消失」ともなっておらず、間違いではないか。
A.ご指摘の通り前回分との差分がおかしくなっています(2017/1/11日修正済み)。
Q10と同じく、再度集計を走らせたところ正常な値で入ってしまいました。
やはり気づいていないバグが存在するのかもしれません…。
他におかしい表示がありましたら連絡ください。
(2017/1/14追記)
上記のほかに同様のバグを報告頂きました。
12月分に多数存在するようなので、11月分と12月分のデータを再度集計し直しました。
未だ存在するようでしたら報告ください。

Q12.6191(エボラブルアジア)2016/12/2のBogle(Offshore II)の空売り比率が23%となっている。
日本取引所グループに問い合わせたところ、証券会社の報告間違いのため2016/12/5公表分について削除したとのことだから訂正願いたい。
A.ご指摘を受けまして当サイトにおきましても削除しました。
他に訂正内容の反映が必要な部分がありましたら報告ください。

Page Top